So-net無料ブログ作成

OVK01 高温対応ホットエンドのヒートブロックの寸法確認 [OVK01]

前回設計したヒートブロックがヒートブレイクとノズルに対して正しい位置に収まるか確認する為、高温対応ホットエンドのヒートブロックを3DPで印刷してヒートブレイクとノズルを仮組みしてみました。

IMAG1892.jpg

 

バッチリ嵌りましたね。寸法的には問題が無いようなので、アルミブロックを購入してShapeoko2で削り出す事ができます。

 

さて上記の様な変態的な構造にした理由ですが、それは前回の記事を参照してください。

狙いは「先端は熱く、中間は熱を伝えず、根元は冷たく」です。

ヒートブレイクとヒートブロックの接触面はセラミックワッシャーを挟んで極力熱が伝達しない様にしています。

熱容量を考えたらヒートブロックはもう少し大きくした方が良いかもしれません。


 

さて、下半分の熱を奪わないといけないコールドエンド側ですが、局所的に熱を奪って冷やすにはどうしたらよいでしょうか?

答えはパソコンの高性能CPUクーラーにあると思います。

局所的に熱を奪うのに最適な素材ですが、それはヒートパイプです。

次回はヒートパイプを使った冷却方法を考えます。

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。