So-net無料ブログ作成

OVK01 今更ながらのフィーダーのパルスレートの調整方法の紹介 [OVK01]

今更ながらのフィラメントフィーダーがフィラメントを1mm押し出すのに必要なステップパルス数の設定の仕方の紹介です。

smoothie互換ボードにおける config.txt でのパラメータは

extruder.hotend.steps_per_mm に該当します。

計算式は以下の通りになります。

steps_per_mm = 1 / [ (ドライブギアの歯の直径mm*π) / ( フルステップ数 * 分割数 ) ]

OVK01はフルステップ500の5相ステッピングモーターを使っており、モータードライバでの分割数の設定は100、ドライブギアの歯の直径は10.65mmなので式に当てはめて計算すると

steps_per_mm = 1 / [ (10.65*π) / 50000 ] = 1494.4126 となります。


ではこの値で実際にフィラメントを押し出してみましょう。

まずは、フィーダーに設置しているボーデンチューブを外して、継手の先端までフィラメントを手で引っ張り出します。

IMAG1602.jpg

次にパソコンから制御ソフトを使って50mmほどフィラメントをロードする指示を出します。

フィラメントが出てきたらノギスで実測します。

IMAG1603.jpg

48.84mmでした。指示した送り量の50mmに対して2.375%不足しています。

不足した原因ですが、ドライブギアの歯がフィラメントに食い込んで、計算上の直径よりフィラメントの送り出し位置が内側に小さくなった為です。

なので、現状の送り量に対して、2.375%パルスレートを増やします。

steps_per_mm = 1494.4126*1.02375=1529.9064

変更後も同様に50mmフィラメントをロードする指示を出して、長さを実測します。


IMAG1605.jpg

ほぼ50mmになりました。今度は上手く行きましたね。



以上、フィーダーのパルスレートの設定方法でした。

 


タグ:OVK01

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。