So-net無料ブログ作成
検索選択

OVK01 クイズ~積層ピッチの違いによるブリッジの造形について [OVK01]

OVK01において積層ピッチを変えてフィーダーのフィラメント抑えレバーを出力してみました。

印刷条件はCura14.01 ノズルサイズ0.4mm 積層?mm infill100% infilloverlap 0% 壁厚0.8mm 印刷速度 40mm/s フロー90% VerbatimABSφ1.75mmホワイト ノズル235℃ ベッド110℃ 造形面サポート:PCシートです。

IMAG1500.jpg

積層ピッチは0.2mmと0.1mmの設定をしました。さてどちらが積層0.1mmの造形でしょうか?

ヒント:積層方向に中間ぐらいの箇所のサポートがはみ出て印刷されている穴の天面の印刷品質に注目

正解は↓にスクロールしてご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は左のパーツが積層0.1mm厚のパーツでした。穴の天面のブリッジの造形が荒れているのが確認できますでしょうか?

IMAG1503.jpg

 

ブリッジ箇所でサポートと造形面が接触する間隔が長い場合、積層厚がノズル排出口のサイズに比べて半分未満になると、ブリッジして中空出力となったフィラメントが途中で切れてしまい穴の天面が荒れる場合があります。

ABSフィラメントでメカニカルなパーツを中空出力する場合は、

・積層ピッチをノズル径の半分以上にする

・サポートを増やしてブリッジとノズルが接触する間隔を短くする

・ノズル径の大きなノズルを使って(たとえばφ0.5mm)排出されるフィラメントの量を増やす

といった方向で調整すると良いと思われます。

 

サポートで支えきれないブリッジ構造を印刷する場合は積層厚を増やして、フィラメントの排出量を増やし、フィラメントが途切れない様にすると良いという造形例でした。

 

スライサにてブリッジを出力する際は一時的に排出量を増やすとかいった設定ができるといいのですが、調べた限り無さそう、、、

2016年3月15日追記~

Slic3rの[advanced]-[flow]-[bridge flow ratio]がその機能に該当するそうです。

以下はyamanchu氏のslic3r日本語マニュアルの該当箇所へのリンクです。

http://yamanchu.guhaw.com/slic3rsetting/print_settings_advanced_flow#Bridge

多夢さんご指摘ありがとうございました。

追記終わり~

 


 
タグ:OVK01