So-net無料ブログ作成
検索選択

DIYツール テフロン=PTFEと異種素材の接着 [DIYツール]

一般的に難接着材といわれるテフロン=PTFEですが、色々と調べてみるとロックタイトのシアノ系瞬間接着剤406と770プライマーを使えば接着ができるとの情報にたどり着きました。

http://www.loctite.jp/jpj/content_data/293436_c48_Instant_Solution.pdf

 

早速monotaro経由で購入したので先日ネジを切ったPTFEチューブとM4ナットの接着テストをしてみたところ、厚みが3mmのナットでも十分な接着強度が得られることが確認できました。

IMAG1475.jpg

使い方はPTFEチューブに770プライマーを塗って、1分ほど放置して乾かした後、406接着剤を流し込んでネジを締めるだけです。 硬化時間は20秒ほどです。※770プライマーは皮膚への接触が禁忌な結構危ない薬剤みたいですので保護手袋の使用及び防護メガネの着用と十分な換気に注意してください。

長さ50cmほどのPTFEチューブの先端にナットを接着したのですが、ナットをペンチで挟んでチューブを2回転しても全然外れる様子がありません。

さらに試しにタップを切っていないφ4mmので深さが7mmの穴(先日OVK01から取り外した要らないABS製ガントリーパーツにちょうどφ4mmの穴がありました)に同じくネジを切っていないPTFEチューブを接着してみましたが、こちらも十分な接着強度が得られました。エクストルーダーの押し出し圧力にも十分耐えられるものと思われます。但し、事前に接合面をやすりなどで十分荒しておく必要あります。最初は脱脂だけして面荒さずに接着したのですが、チューブを拳に巻いて思いっきり引くとすぽんと抜けました。面を荒らしてから接着した場合はいくら強引に引っ張ってもびくともしませんでした。 

IMAG1477.jpg

以上の結果から3Dプリンタでオリジナルのチューブ継手を作ったり、、、とか色々と応用が利きそうなことが分かりました。

OVK01におけるボーデン型フィーダーのワンタッチチューブ継手のルーズフィット問題もこれで解決できそうです。


 

ちなみに接着剤とプライマーのセットでの購入価格は¥3,002(税込)でした。ちょうどmonotaroで送料無料価格です。これを安いとみるか高いと見るかはその人次第でしょう。770プライマーは保管状態にもよるのでしょうが蒸発が早いそうです。私の使い道だと、使い切る前に蒸発すると思います^^;

せっかくですので3Dプリンタ用のPTFEチューブの接着加工依頼があれば無料で承りますよ~ 依頼はコメント欄へどうぞ

 

ついでに今回の注文でmonotaroの先着プレゼントキャンペーンのトートバッグもらったよん(こっちが今回の注文の本命だったりして~

IMAG1476.jpg

 


タグ:diyツール