So-net無料ブログ作成
検索選択

OVK01 フィーダー印刷し直し [OVK01]

OVK01用にパーツをモデリングしていたら、室内に突然乾いた「パキンッ!」という破裂音がOVK01の方から聞こえてきました。

印刷中ではなかったのが幸いですが、何事かとよくよくしらべてみると、フィーダーのフィラメント抑えのアームがバネの圧力に負けてボッキリ折れていました。

IMAG1468.jpg

PRN3D購入当初に買った安いABSフィラメントで作ったこのアームですが、フィラメントは室内でつるしっぱなしにしていた所為かもしきは四季の経過によるストレスからか昔に比べて劣化して変色しています。

それでも印刷はできるものですから構わずに使っていたのですが、このような事態になるとは今後は応力の架かる用途にはこのフィラメントは使えそうもありません。

OVK01が稼働し始めてからはPRN3Dはほとんど動かしていないので、劣化したこのフィラメントはそのうち廃棄する予定です。

気を取り直して予備のアームをOVK01に取り付けて、予備のアームが壊れないうちにOVK01にてVerbatim様でアームを出力し直します。

今度のアームは強度重視でinfill100% & 積層厚0.1mmで印刷しました。(ベースプレートは積層厚0.2mmでinfill30%です。)


IMAG1471.jpg

これでしばらくは安心できます。

フィーダーはそのうちメタル化します。たぶん。




~理想のノズルについて~

ebay.comにてZortraxM200の交換用ノズルが売られているのですが、おそらくはオリジナルをリバースエンジニアリングしたと思われる丁寧な図面が付いています。

http://www.ebay.com/itm/231570675354

http://i.ebayimg.com/images/g/wxoAAOSweW5VX5lL/s-l1600.jpg

それを見てみるとノズルの穴は排出口からそれぞれ

φ0.016inch=φ0.4mm

φ0.067inch=φ1.75mm

φ0.138inch=φ3.5mm

となっていました。

φ3.5mmの穴には以下の様なステンレス製のヒーターブレークが刺さる事になります。

http://ja.aliexpress.com/item/PTFE-tube-Upgrade-Thermal-Barrier-Tube-for-Zortrax-M200-3D-printer-parts-Zortrax-stainless-steel-heater/32604174721.html

つまりはこれって熱伝導率と熱容量の差を利用して融ける量を最小限にしているってやつですよね?

ノズル口直前の部屋?の直径もφ1.75mmに設計されているので余分に融ける事もなく、レスポンスが良くなるはずです。

ヒーターブレークの中心の穴径もおそらく専用フィラメントに合わせて極力小径の穴があいているはずです。



Zortaxのホットエンドって本当に良くできていますよね。

ヒーターブレークとヒーターブロックはセンターロックのナット締めではなくプレート&2本のネジで確実に留めていますし、各接合面が丸穴と筒なのでねじ込み式と違って熱伝導が確実です。

また、ヒートブレークの長さも最小限の長さに押さえられており、ヒーターブロックのすぐ上がヒートシンクなのでフィラメントの融ける量も最小限で済みます。

フィラメントが融ける量が最小限に抑えられてるということは押し出しの圧力も少なくで済みます。

最近のV2バージョンではヒーターブレークにPTFEチューブが使われてはいますが、おそらくヒートシンクによるクールダウンの効いているヒーターブレークの上部だけです。

このPTFEチューブは滑りを良くするというよりかはヒーターブレークの上部でフィラメントへの熱伝達を減らし、余計な熱をフィラメントに伝えないために使われているのだと思われます。


AliexpressでM200のホットエンド一式のパチモンが売ってるんだよなー 気になるなー


タグ:OVK01