So-net無料ブログ作成
検索選択

OVK01 ボーデンチューブ継ぎ手製作part2 [OVK01]

ボーデンチューブをとある品に改良するにあたり、ダイレクトチューブ継ぎ手を作る必要が生じました。ダイレクトチューブ継ぎ手とはなんぞやについては以前の記事( http://ginger-soft.blog.so-net.ne.jp/2016-03-22 )を参照ください

前回は、ボール盤と手タップ手ダイスを駆使して作りましたが、今の私にはunimat3という相棒がいるのです^^

 

旋盤を使って長さ20mm M4 対角7mmのニッケル長ナットをチューブを固定するための特殊ボルトへ加工します。

IMAG3111.jpg

 

M6ナット部をさーっと切削

IMAG3112.jpg

ダイスが入りやすいように角を面取り

IMAG3113.jpg

 

チューブに合わせて内径を削って

IMAG3118.jpg

 

、、、、と作業をしている間にFusion360でダイスホルダーを設計して3Dプリント

IMAG3120.jpg

Fusion360はねじの造形が簡単にできるので非常に助かります。(M14ピッチ1mmなどあまり使わない様なねじ切りもパラメータ指定で一発モデリング。)

IMAG3124.jpg

 

旋盤にダイスとホルダーをセットしたら

IMAG3121.jpg

手回しで切削w(だって自動送りなんて無いですからー

IMAG3123.jpg

 

ほいっと削れました。ダイスってフリーハンドで斜めにならずにまっすぐ入れるのはなかなか難しいですが、旋盤を補助具として使うと簡単に軸ずれせずに削れます。 (unimat3は高価なオプション付けないとねじ切り機能なんてないですからー

IMAG3125.jpg

 

最後に反対側のタップを同じような感じで仕上げます。あたり前ですがまっすぐ入ります。

IMAG3128.jpg

 

IMAG3129.jpg

 

という感じで継ぎ手完成!

IMAG3133.jpg

 

あとはチューブをねじ込んでLOCTITE406瞬間接着剤&770プライマーで接着すれば完成!   の巻は次回へ持ち越しま~す。

 

 


タグ:OVK01
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: