So-net無料ブログ作成

OVK01 ガントリーサポートプレートの製作 [OVK01]

講習を受けた翌日に製作に掛かるのがGingerale&Softcreamクオリティw

というわけで、日曜日の午前中にデータを作って、午後からCorelDrawの体験版でDXFがちゃんと読み込めるか確認してから夕方には設備を予約して、その日のうちに出力して帰ってまいりました。

Maker'sBaseにてLC2講習受講後に使えるようになる大型のレーザーカッターはこちらです。

IMAG1570.jpg

最近すっかりTrotecさんに押されて影が薄くなってきているUniversalレーザーさんの大型レーザーカッターです。

60Wレーザーで800x450mmまで切断できます。

 

この機械でクラレのコモグラス(押しだしアクリル板)の5mm厚を切断加工します。

目的のブツの加工に入る前に、レーザー光のスポットサイズに起因する寸法の痩せを確認するために小型の勘合テストパーツを切断加工します。

IMAG1569.jpg

組んでみました。

IMAG1578.jpg

図面上の線から0.15mmぐらい余分に切り取られて痩せるので、その分切断するラインを図面上で外側に持っていきます。つまりはレーザーがコモグラスを削る幅は約0.3mmということになります。

IMAG1577.jpg

修正後はバッチリ勘合しました。レーザー光の焦点の違いでぴったりくっつけると直角から若干斜めに交差します。これはレーザーカッターの仕組み上避けられない症状なので仕方が無いです。

 

勘合テストをもとに、図面上で噛み合わせ箇所にそれぞれ0.15mm幅分の身を増やす修正を加えたら、いよいよ本番の加工です。

IMAG1572.jpg

はじまったら終わるまで後は天に祈るのみ。切断距離約1600mmのプレート一枚が約6分で切りだされます。

 

2種のプレートを切りだして仮組みした姿がこちら

IMAG1575.jpg

勘合箇所が若干きつめに出ましたが、押し込めば嵌るの感じです。無理やり押し込むとストレスで後日突然パキンと割れることがあるらしいので、少し加工が必要かもしれません。思い切って溶剤で溶かしてストレス解放しつつくっつけるのもアリかも

注文したネジとナットが届いたらOVK01へ組み込む予定です。


タグ:OVK01
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。