So-net無料ブログ作成
検索選択

FUSION360 Meetup vol.03 [FUSION360]

先週の金曜日ですが、Fusion360のMeetupにまたもや参加してきました。

AutoDesk東京オフィスは晴海トリトンスクエアのXタワー24階です。

IMAG1114.jpg

 

今回も大盛況です。(写真はセミナー開始20分前の画像です)

IMAG1115.jpg

開始前に質問コーナーが設けられました。私もCAMについてとても低レベルな質問をしましたが、用意されていたノートPCを使ってモデリングとCAMしながら快く回答頂けました。

事前に解決できなかったモデリングのデータを用意しておいて、Fusion360にログインしてクラウドからダウンロードしたデータを見ながらわからない点を説明した方がもう少しスムーズに話ができたなぁと今更ながらにちょっと後悔しています。次回も質問コーナーがあるならそうしよう。


そして毎度のフリーフード&ドリンクサービス。Fusion360MeetUPとドミノピザの相性は最高ですw

IMAG1111.jpg

 

私的な今回の目玉は、1月のバージョンアップで追加された「熱解析」についてのセッションです。

なぜ熱解析に注目したかというと、3Dプリンタのホットエンドのノズルの最適形状をシミュレーションできないか?という目論見を持っていたからです。

IMAG1138.jpg

ですが、結論から申しますと現状では個体間の熱の伝達、すなわち、伝熱解析までしか対応しておらず、液体や気体に対する熱の伝達=熱流体解析については対応されていませんでした。例えばフィラメントと空冷ファンが無い状態でホットエンドの熱分布を調べることはできますが、そこにフィラメントのモデルを追加して、且つ、フィラメントの送り出し速度を変えてニュルニュルと連続して動かした場合、ヒートブロック周辺の熱の分布がどうなるかまではシミュレートできないことになります。ああ、残念。とはいっても実際には熱流体解析となると、対流やら摩擦やらいろいろと条件が複雑になるので実装はなかなか難しいのでしょうね。

 

ところで、今回から運営側の方新が変わりまして運営側のセッションで使われた資料はwebで公開されています。リンクはこちらです。

http://a360.co/1nSBZv9 「投稿後追記:2/1の0:50に確認しましたところアクセス制限されていました、、、」

家に帰って早速ダウンロードしてみました。

、、

、、、うーん

実際に参加しているから、ああ、あそこでこんなことを言われていたなぁとか振り返って参考にはなりますが、おそらく初見の方は藤村さんのマシンガントークが無いと面白さ半減なうえ、資料だけでは何気に話されるTips(これがとても重要)がありません。

みなさまも藤村さんのマシンガントーク(どもり無し)を聞きに、是非とも参加されることをお勧めします。

せっかく資料を公開していただいたAutoDeskさんが悪いのではないです。藤村さんのトークが面白いのです!←ここ重要w

 

最後に毎度のお約束(前回の記事から流用ですいません。)

Fusion360のダウンロードはこちらから

http://www.autodesk.co.jp/products/fusion-360/overview

IMAG0718.jpg

困った時は具体的なデータや画像ファイルを元にルールを守ってフォーラムを頼ろう!(Fusion360の画面右上のヘルプアイコン(?)のプルダウンメニューのなかにフォーラムへのリンクがあります)

IMAG0689.jpg

 

次回は約2カ月後の開催を予定しているそうです。 see you!


タグ:FUSION360
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0